産後0日目からのヨガママ生活

~パワースポットで整える子供との笑顔の暮らし~

ヨガとは筋肉ムキムキの腕のタトゥー

ヨガって何ですか?について、ヨガのルーツを今回は話していきますよぉ。

私オーストラリアで日本語教師をしていたんですが、忘れもしませんよ、あの人の顔と沈黙…。

 

ホストファミリーのお友達の方のホームパーティーに私もお呼ばれしたんですね。そしてガタイの良い兄ちゃんが、「ヘイへーイ!お!君日本人なの?おれ、この前腕にチョーかっこいいタトゥーいれてさ~。漢字なんだけどね。いいだろぉ~。ところで、これってどういう意味??」

 

「(あ、この人、意味知らなくて見た目で選んだわけね。正直に言っていいのかな?ま、いっか)…ペアレント。」そうです。彼がゴツいがたいの、隆々とたくましい上腕に刻んでいた文字は、

 

 

『親』

 

f:id:citta2017:20170716175847j:plain

「!?…オ、オーケイ。」しばしの沈黙後、顔は全くオーケイじゃない、なんとも苦笑いというか、予想外すぎた顔をして、彼は去っていきました…。ガタイの良い彼の背中がなぜか小さく感じた、アジア人の私でした。

 

外国人にとって、漢字はそこに意味があるとか、ましてや意味を成す部首があったり、とめ、はね、とか細かいところにも書き方があるなんて、知らなくてどうでもよい、必要のないところみたいです。彼が欲しかったのは、その東洋的なアーティスティックな感じだったようで。

 

まぁ、そーだよね。日常生活には必要ないもんね。私たちも英語やフランス語が書かれた雑貨や店看板に、意味わからないけどオシャレを感じるし。いや、もはやフランス語とさえわからずに、なんかいい感じ〜♬と思ってるとき多々ありますよ、私(汗)

 

言いたかったのは…漢字で例えると、その漢字の意味なんかよりアートな部分だけオーストラリア人に取り入れられたように、インドで生まれたヨガはアメリカに渡った時に、ヨガ本来そのものよりも、その表面の体を動かすところだけを主に取り入れて流行り、それがそのまま日本に入ってきたってこと。

 

f:id:citta2017:20170716175914j:plain

じゃ、本来のヨガって??

  

さて、みなさんも、こんな経験ないですか?就職活動、やりたい仕事見つけたい、履歴書も書かないと。「あー、もう、わたし何したいかわからなーい。そもそも私って何??」。子育てでめまぐるしい日々で自分のことは後回していうか、回ってこない。「私の時間がなーい!子育てばっかり!生きるってなんざましょ??」

 

その、私って何?生きる意味って何?みたいなことを深ーく考えていく(堅く言えば哲学って学問ですね)ことが、むかーしむかしも時代を遡っても同じように考えられてました in インド。生きるヒントを昔の人も探してたんですね〜。

 

で、瞑想したら生きてくのにベストな精神状態になるぞ!っていう考えが出てきたんです。なので「生きるヒント+瞑想へのトレーニングメニュー+瞑想の精神状態」これらを実践していくのが、本来のヨガなんです。(詳しくは”ラージャヨガ”で検索)

(瞑想へのトレーニングメニューの部分の詳細記事はこちら→http://yogamama.hatenablog.com/entry/2017/07/14/163744

 

f:id:citta2017:20170716180000j:plain

中国から生まれた漢字が、日本に入るとさらに新しい漢字ができたり、ひらがなになったり、カタカナになったり形を変えていったじゃないですか?ヨガもいくつかの流派に形を変えていきました。その中の1つで、積極的にポーズとりながら体と呼吸をコントロールして、ベストな瞑想をしようという流派があります。(詳しくは“ハタヨガ”で検索)

 

皆さんがよく目にする日本のヨガは、この流派の表面的な体を動かす部分だけなんですよ〜!

 

だから、ヨガは運動じゃなくて、むかーしむかし遠い国インドで生まれた「生きるヒントと瞑想への手引きの実践」っていう私のイメージ。

 

f:id:citta2017:20170716180039j:plain

それで、私が言いたいのは、そのヒントと実践って、今ねママこそ、必要とする人は多いんじゃないかなー、って。

 

今のお母さん達、産んだとたん、仕事もできて、育児もできて、女性としても綺麗で、人生も楽しんでるのを当たり前に求められてるところがあって、お母さん自身もそうありたくて、そのギャップに苦しくなってる人がいる気がします。

 

それで、子育てって思い通りにならずイライラしたり、自己嫌悪になったり。溢れる育児情報や周りの言うことに振り回されるし。他の子供達やママ友の様子と、ついつい比較しちゃうし。

 

f:id:citta2017:20170716180515j:plain

それなら、自分の心の整え方を習得していたがいいし、選択肢いっぱいある中で自分をよくわかってないと上手く選べないし。(ヨガの実践は、自分の内側を見て、自分に客観的になれて、自分軸が出来てくるよ。)

 

私もふと気づけば、振り回されちゃってるママでだから。

 

それをヨガ的生きるヒント+ヨガの実践で暮らしを整えて、子どもと笑顔、いえ、爆笑人生を送りたいのです♬

 f:id:citta2017:20170716174028j:image

長男のヒートンと。